はじめてのソロキャンプ:持ち物編

CAMP
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ソロキャンプ(夏用)に【最低限必要なもの 】 をリストアップしてみました!記事の最後の方に、【帰ってきてから追加購入したもの】もリストアップしていますので、ぜひチェックしてくださいね~〇

以前、これからソロキャンプを始めてみようという人のために、独断と偏見で最低限必要な購入物についてブログにまとめました!

いよいよ、キャンプ場に出発!する前に、準備もしっかりやりましょう~〇 ソロキャンプ(夏用)に【最低限必要なもの 】 をリストアップしました!リンクになっているものは、レビューしたブログに飛ぶように随時更新してるのでチェックしてみてください〇

寝泊まりグッズ

  • テント、グランドシート
  • シュラフ(寝袋)
  • 着替え(普段着、パジャマ):夏の夜は虫が多くなるので、半そで短パン・長袖長ズボンをもっていってます。夜は長袖長ズボン、昼間は半そで短パンが多いかな。
  • 薄いダウン:山をなめるなー!夜や朝に着ます
  • 虫よけスプレー、キンカン
  • 蚊取り線香(森林香)、ライター:ライターを忘れがち
  • 明かり:懐中電灯、ランタンなど自立した明かりがあると便利
  • (必要なら)お風呂セット、化粧品
  • (必要なら) めがね、コンタクト

食事グッズ

  • ガスストーブ(シングルバーナーやガスコンロ)
  • クッカー(鍋やフライパン)
  • 夕食、朝食の食糧:キャンプ場に近郊野菜が売られていることがあるので、それを買う時もあります。
  • 珈琲、紅茶
  • 調味料1(塩、砂糖、コショウ、ハーブソルト、オリーブオイル)
  • 調味料2( コンソメキューブ 、SPICE&HERBシーズニング)
  • 包丁
  • 皿、コップ、箸などのカラトリー:ごみ収集してくれるキャンプ場であれば、紙皿や紙コップを持っていっています。ごみの持ち帰りが必要であれば、木皿とシェラカップを持っていきます。
  • サランラップ、アルミホイル
  • 食器用洗剤とスポンジ
  • キッチンペーパー:食器を拭いたり何かと便利
  • 小さいビニール袋:1食ごとのごみ、濡れたものの処理、汚れた洋服の保存に便利
  • 大きいビニール袋:雨撤収、ごみ収集に大活躍

その他

  • ポータブルバッテリー:仕事で持ち歩いている小さいバッテリー。スマホの充電に使います
  • 焚き火台と薪とトング:焚き火台があれば、トングや薪も必要です。薪はキャンプ場や近くのスーパーで買うことが多いかな。炭はあまり使いません。

はじめてのソロキャンプから帰ってきて追加購入したもの

はじめてのソロキャンプが終了いたしました・・・超楽しかった~!!!でも、快適に寝泊まりするには、もう少し工夫したいポイントがいくつかあったな。

それに、キャンプ料理好きなので料理グッズをもう少し充実させたいかも!

はじめてのソロキャンプから帰ってきて追加購入したものです!

【寝泊まりグッズ】

  • 寝るときのマット(エアまたはスポンジ):快眠は超重要。芝生でも背中が痛くなったので、マットは買っておこう。
  • コット:ベッドみたいなものです。砂利のキャンプ場にはお勧め!
  • タープ:雨が降った時には必要!ソロキャンプよりもグルキャンで必要になりそう。
  • テントに合うポール:テントの入り口をポールで上げると、タープみたいになって前室ができあがる!

【食事グッズ】

  • オピネルのナイフ:折りたたみできるので、持ち運びが安全。普通の包丁は管理が少し大変だった。
  • まな板:食材を切りたい!
  • クーラーボックス(ハードタイプ):机代わりになります!
  • テーブル(折り畳み式):地面に食材を置くのはちょっと・・・簡易テーブルとして使います
  • 焚き火台:キャンプといえばやっぱり焚き火したい。でも、シングルバーナーがある簡易キャンプであれば不要な場合もある。
  • 火口:焚き火台に火をともすためには、もととなる火が必要です。 ライターで薪に火は付きませんよ! ライターだけでなく、火を育てていく過程に合った火口が必要! 新聞紙や麻ヒモ、 市販されている着火剤でももちろんOKです。
  • 保温性のある水筒:飲みたいときにいつでも温かいコーヒーが入れられる!
  • メスティン:飯盒したいじゃん! 米を1合ずつビニール袋に入れて、メスティンに入れて持っていきます。

【その他】

  • ランタン
  • ヘッドランプ

必要最低限のものでキャンプしていると、自分に必要な道具がだんだんわかってきました。私は食事にこだわりたいので、食事関係の道具は少し多めに買い足そうかな!

人それぞれこだわりたいポイントはあると思うので、必要最低限の道具しかなくても、まずはキャンプ場に行くべし!楽しいよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました